令和3年度(2021~2022)

感染症対策の為、メール会議にて鈴風会執行部会を開催しました。

日時:令和3年3月31日18時~19時15分
出席者:小原(達)会長、森副会長、青木副会長、小原(綾)会計、高栁会計、小島庶務、林(書記)


配布資料 

①同窓会への意見と回答
②R2年度末 住所不明者一覧
③会計支払いに関する規制


1.第1~6号議案の承認に関して
青木副会長より、委任状は253通であったこと、議案に関する問い合わせはなかった旨報告があった。その結果、議案については執行部会での承認とし、ホームページへ議案が承認されたことの掲載を依頼していくこととなった。


2.委任状等で届いた同窓会への意見について
青木副会長より、同窓会に届いた意見の内容とそれに対する回答について配布資料①に沿って説明があった。回答に対する意見があれば青木副会長にメールで連絡し、回答が完成したらホームページに掲載することになった。


3.次年度の活動について
以下について、青木副会長より報告、説明があり検討した。


1)未入会者への対応について
・R2年度末 未入会者の状況
新年度未入会者:4年生(31名)、3年生(41名)、2年生(22名)
住所不明者:学部269名、修士26名、博士2名(一部重複あり)
・今年度は、メールにて年に1~2回入会の勧誘を行った。次年度も前学期、後学期の2回メールでの勧誘を行っていくこととなった。


2)住所不明者の対応について
・総会の委任状を送付した結果、実家の住所へ送っても届かなかった会員が約60名いた。現在の住所不明者一覧は配布資料②の通りである。役員の中でこの中に知り合いがいたら積極的にHPからの住所変更を呼びかけていくことを確認した。
・R2年度卒業生からの住所変更連絡は29名(3月末現在)であり、返信期限は4月中となっている。

3)大学への貢献事業について
・来年度は図書寄贈(10万円程度)を予定している。
・R2年度同窓会パーティー中止の代替案を検討した結果、図書寄贈にプラスすることを決定した。計20万円(税込み)程度の予算が組まれているため、図書館司書、大学生協と相談し寄贈内容を検討していくことになった。


4)来年度の退官職員について
来年度退官予定の教員は1名(坂田教授)であるが、退官記念公演は実施されない可能性が高いため、同窓会からは記念品と花束を贈呈することを検討していくことになった。


5)自己点検報告書(5月頃)について
 青木副会長が資料を作成し、メール会議にて確認していくことになった。

4.同窓会が管理するウェブページについて
 青木副会長より、同窓会が管理しているさくらインターネット、DropBoxのWebは管理担当者 or 窓口が不明となっていたとの説明があった。また、これらのWebを確認したところ、外部からの複数IPアドレスの侵入が散見されたため、IDとパスワードを変更したと報告された。
その結果、以下について検討し決定事項とした。
・さくらインターネット:同窓会HP、問い合わせフォームの管理→学内副会長が管理
・DropBox:外部バックアップ →学内副会長が管理
・学内副会長改選の際は、IDとパスワードをその都度変更していく方向で申し送りをしていく。

5.同窓会PCの購入について
・同窓会から貸与しているPCについて小原会計より説明があった。
・同窓会のPC1台は、同窓会HPを管理していただいている田中様に貸与している(2014年~)。アップデートを適時行っていただいており、現在不都合等はないため、しばらくは貸与中のパソコンを使用していただく。

6.会計について
・学外役員の旅費に関して、小原会計より配布資料③に沿って説明があり、同窓会外部役員の旅費に関して、実習要項や実習に準じた対応とすることが提案された。検討した結果、学外役員の負担を考慮し、駒ケ根市内や高速道路を使用した場合も旅費をお渡しすることを決定した。
・購入予定物品は、卒業記念品のはさみ、往復はがき、ラベル用紙、USBの購入を予定している。
・R3年度入学式の祝電メッセージは小原会長が担当する。
・今後の新型コロナウィルスの感染拡大状況にもよるが、執行部会がオンライン開催となる可能性が高い。そのための必要物品については小原会計に相談し、購入を検討していくことになった。

次回の執行部会会議は、鈴風祭の開催状況により検討することになった。

鈴風会・大学への意見及び返答を掲載します。返答について

2021年04月01日