NCNMark.png
長野県看護大学同窓会 鈴風会(すずかぜかい)の公式ホームページです

HOME > 会則・規約

main_top.png

鈴風会会則

長野県看護大学同窓会 鈴風会 会則


第1条 名称並びに事務局の設置場所
本会は鈴風会と称し、事務局を長野県看護大学内に置く。

第2条 目的
本会は会員相互の親睦を図り、併せて母校と看護学の発展に寄与することを目的とする。

第3条 事業
本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。
(1) 会員名簿の作成及び会報の発行
(2) 総会、講演会、研修会等の開催
(3) 母校の後援及び相互の連携に関する事項
(4) 前各項に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために適当と認められる事業

第4条 会員
(1) 本会は以下の者を会員とする。
a 長野県看護大学を卒業した者
b 長野県看護大学大学院を修了した者
(2) (1)以外の者で以下の者も会員となることができる
a 長野県看護大学に在籍した者
b 長野県看護大学大学院に在籍した者
c 長野県看護大学の専任教員(教授、助教授、准教授、講師、助教、助手)および、技官、事務官の職にあった者。
d 執行部会が適当と認めた者
(3) 本会は長野県看護大学に在学する者を準会員とする。

第5条 役員
本会には次の役員を置き、任期は2年とする。任期中に役員が交代した場合は前任者の残任期間とする。また、再任は妨げない。
(1) 会長      1名
(2) 副会長     2名
(3) 会計      2名
(4) 庶務      2名
(5) 監事      2名

第6条 役員の選任
役員の選任は、次のとおりとする。
(1) 会長、副会長、会計並びに庶務は、総会において承認されるものとする。
(2) 監事は、会員の中から執行部会が推薦し、総会において承認を得る。

第7条 役員の任務
役員の任務は次のとおりとする。
(1) 会長は、本会を代表し会務を総理する。
(2) 副会長は、会長を補佐し会長に事故のある時はその職務を代行する。
(3) 会計は、本会の予算編成及び決算を行う。
(4) 庶務は、会務を処理する。
(5) 監事は、本会の会務及び会計を監査する。

第8条 会議
会議は、総会、執行部会とし、総会には定例総会と臨時総会がある。
(1) 総会
a 総会は第4条(1)および(2)の会員で構成された、本会の最高議決機関である。
b 議決は委任状を含めた出席者の過半数で決し、可否同数の場合は議長が決するものとする。
c 総会の議長は出席者の互選によるものとし、書記は議長が指名する。
d 会員は、総会を欠席する場合は委任状を提出するものとする。
e 総会は開催日の20日以前に、日時、場所、並びに議題等を記載した書面をもって通知するものとする。
(2) 定例総会
a定例総会は年1回、会長が招集する。
b定例総会に付すべき議題は、事業報告、事業計画、予算・決算、監査報告、役員改選、その他必要事項とする。
(3) 臨時総会
臨時総会は執行部会が必要と認めた時、会長が招集する。
(4) 執行部会
a 執行部会は、会長、副会長、会計、庶務で構成され、総会の権限に属する事項を除く事柄について審議し、執行する。
b 執行部会は、必要に応じ会長が招集する。

第9条 削除
第10条 削除

第11条 書類及び帳簿等の管理
本会事務局に次の書類及び帳簿等を備え、会員はいつでも閲覧することができる。
(1) 会則及び細則等
(2) 総会、執行部会の議事に関する記録
(3) 収入・支出に関する帳簿及び証拠書類
(4) その他必要と認められる文書等

第12条 会員名簿
(2) 会員名簿には次の事項を記載する。
a 氏名、改姓、改名、卒業年度
b 住所と電話番号、現住所以外の連絡先
c その他
(2) 会員が前各号に変更を生じた場合は、遅延なくその旨を本会に届け出るものとする。

第13条 会計
(1) 経費
a 本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入をもって支弁する。
b 臨時に資金を必要とする場合は、執行部会及び総会の議決をもって徴収することができる。
c 特定の事業に要する経費については、別途会計を設けることができる。
(2) 会費
a 会員は、入会費を含む終身会費1万円を入学時に納めるものとする。
b 既納の会費は原則として返還しない。
(3) 会計年度
本会の会計年度は毎年1月1日から翌年12月31日までとする。
(4) 予算と決算
a 本会の毎年度の予算は執行部会が原案を作成し、総会の議決を経て成立するものとする。
b 本会の決算は、監事の監査を経て会計役員がこれを総会に提出し承認を得るものとする。

第14条 会則の改定
会則の改定は、総会の承認を得るものとする。

第15条 削除

附則
1.平成14年度までの卒業生及び修了生は、第13条(2)①の規定にかかわらず、別途、会費を納めるものとする。
2.平成15年4月1日現在在学する者は、卒業時又は修了時に会費を納めるものとする。
3.平成18年3月9日第4回定例総会にて、第4条の(1)および第5条を改定し、平成18年3月10日より施行する。
4.平成22年1月23日 第13条(3)改定 平成22年1月1日より施行する。
5.平成23年2月6日より施行する。
6.平成28年3月11日第14回定例総会にて第13条の(1)を改定し、平成28年1月1日より施行する。

main_bot.png

main_top.png

個人情報提供に関する規約

長野県看護大学同窓会 鈴風会 
個人情報提供に関する規定

第1条 目的
 1. この規定は鈴風会会員の個人情報を保護しながら、研究、教育に協力し、鈴風会や長野県看護大学、ひいては看護学の発展のために寄与することを目的とする。
第2条 個人情報の定義
 1. この規定での個人情報とは、鈴風会会員の住所、氏名(旧姓、現姓)、入学年度、卒業年度、卒業期、学籍番号などで、個人を特定できるような情報をいう。
第3条 個人情報提供の拒否
 1. 個人情報提供請求があった場合に協力する意思がない会員は、鈴風会会長にその旨を申し出ることで本規定による情報提供から除外される。
第4条 個人情報提供検討委員会
 1. 鈴風会に個人情報提供検討委員会(以下、委員会とする)を置く。この委員会は鈴風会執行部役員が兼任する。
 2. 委員長は鈴風会会長が兼任する。
 3. 委員長が必要と認めた時は、鈴風会執行部役員以外のメンバーを委員会に加えることができる。
 4. 委員会が必要と認めた時は、請求者に疑問点を聞くことができる。
第5条 個人情報提供請求手続き
 1. 請求ができるものは、原則として長野県看護大学の教職員および鈴風会正会員とする。
 2. 請求の目的は、研究と本学発展に寄与する事柄のみとする。
 3. 請求者は、下記のものを添えて、委員長に提出する。
  1)個人情報提供請求書(様式1)
   ① 請求者氏名
   ② 請求者所属、連絡先
   ③ 請求目的(鈴風会会員でなければならない理由)
   ④ 研究における鈴風会および鈴風会会員へのメリットとデメリット
   ⑤ 提供情報の範囲
   ⑥ 情報使用予定日
  2)研究計画書、またはそれにかわるもの
  3)所属施設などの倫理委員会審査結果
第6条 検討結果
 1. 第5条による書類が提出されたら委員長は可及的速やかに委員会を開催し、審査を行う。
 2. 委員会で審査した結果は請求者に個人情報提供検討委員会検討結果報告書(様式2)で通知する。
第7条 提供の方法
 1. 提供方法は原則として委員会が認めた範囲の情報をラベルに印刷したもののみとする。
 2. 委員会より提供されたラベルの複製は認めない。
第8条 提供後の対応、および責任
 1. 提供後の問い合わせには請求者が対応し、漏えいした場合は請求者がすべての責任を負わなければならない。
 2. 請求者は個人情報をどのように使用し処分したのか、個人情報使用状況報告書(様式3)に明記し、情報使用後2週間以内に委員長に提出しなければならない。
 3. 請求者は個人情報を利用する際に個人情報の出所を明らかにしなければならない。
第9条 情報提供制限
 1. 委員長は請求者に手続き、情報使用方法、処分方法などに明らかに不備がある場合、あるいは会員に何らかの支障があった場合には、原則としてその後請求があっても情報を提供しない措置をとることができる。
第10条 名簿情報提供の公開
 1. 委員長は委員会検討の結果、情報提供すると決定した請求内容を会員に公開しなければならない。
 2. 正会員は第9条第1項の公開結果に対して、委員長に意見を述べることができる。
附則
 1. この規定は、平成16年10月2日から実施する。
 2. この規定は、平成23年2月6日から実施する。

main_bot.png